当ブログについて

この記事は約3分で読めます。

ブログコンセプト

如月
如月

当ブログにお越しくださりまことにありがとうございます。
現役派遣エンジニアの如月と申します。

突然ですが、「エンジニア」とはどのような職業でしょうか?

英単語の「engineer」を調べると、以下のような意味があります。

主な意味
技術者、技師、工学者、機械工、機関工、機関手、(商船の)機関士、工兵、機関科将校

Weblio 辞書 より引用

また、こんな記載もありました。

語源
engine +‎ 接尾辞 “-eer

ウィクショナリー より引用

接尾辞の「-eer」は同ページによると
「特別な活動に従事したり関連したりする動作主名詞を表す接尾辞」のことなので、
「engineer」という単語は大きく捉えると

あるもののエンジン=動力源となって動く人・仕事

と解釈できるのではないでしょうか。

当ブログは「人生エンジニアリング」と題しまして、

自分の人生を自分自身でエンジニアリングしていこう
自分自身がエンジンとなって、自分の人生を走り抜いていこう

というコンセプトで作成しました。

これまでの自分の派遣エンジニアとしての経験、
勉強したこと、役に立った知識、
家族のこと(子供がめっちゃ可愛い)など、

自分自身の人生のアウトプットの場にしていければと思います。

そして自分の発信が読者のあなたの心に何かしらを残すことができれば幸いです。

プロフィール

  • 既婚、男性、2児の父、親ばか、2020年に35歳を迎える30半ば
  • 2007年新卒で入社以来ずっと派遣エンジニア
  • 2020年2月、搾取しない派遣会社「リツアンSTC」に転職
  • 漫画、ゲーム好き。最近ゲームできてない
  • Twitter:@kisaragi212

私はもともと文系の文学部出身で、プログラミングなんて全く触ったことがありませんでした。
新卒で派遣エンジニアとして働き始めて早10年を超え、
1度の転職を経験し、2019年11月現在2度目の転職を控えています。

大学4年の頃、たいして真面目に就職活動もせずなんとなく企業説明会に顔を出してみたりダラダラとしていたところ、サークルの先輩が入社した会社に声をかけてもらい、運よく内定をいただいたのがエンジニア派遣の会社でした。

始めは当然右も左も分からない状態でしたが、一緒に派遣された先輩に色々と教えてもらいつつ仕事をする中、入社後2年目にリーマンショックが起こり、そこから数年間はテスターのような雑用のような仕事ばかりして過ごしました。
(そしていわゆる炎上案件もいくつか経験しました……)

5年目くらいから少しずつ開発の案件にも携われるようになり、7年目頃には一人で現場に配属されるように、そして10年目に初めて未経験入社の部下を持つに至りました。

また、ちょうどその7年目と10年目のタイミングで娘と息子が生まれ、この会社のまま今後もずっと生活していけるのだろうかと考え、11年目にして転職活動を始めました。

3か月ほどの転職活動を経て、現在勤務している2社目の会社に転職し、2年と数か月が経過しました。

収入は1社目より大きく上がりましたが、もっと稼げそうな会社を見つけて現在内定をいただいており、退職に向けて粛々と業務をこなしつつ、 休日に子供と遊ぶのを楽しみに日々を過ごしています。

如月
如月

どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました